ブランクからの復帰で准看護師が注意すべき点とは?

准看護師のブランクからの復帰・復職について

看護師は女性が多く活躍している職種です。そのため、結婚や出産・育児などの理由で退職、休職をする方も多いです。また、そういった方が子育てがひと段落して家庭が軌道に乗ってきた頃に復職をするというケースも看護師の世界ではよくあります。
准看護師に強い求人サイトは?

復帰のタイミングは人それぞれで、数年で復帰する方もいれば、10年単位という方もいます。もちろん ブランクが長い方の方が不利にはなりますが、最初のブランクを埋める期間を超えれば、普通に働く事ができます。

やはり長く現場を離れていると医療業界や看護師の置かれている状況も大きく変わってきます。自分が身に付けていたスキルが時代遅れのものになっている場合もあります。ですが、それも復帰を果たしてしばらくすれば日々の業務で慣れていく事ができます。

少しずつは違うかもしれませんが、根本的な部分では似ているという事も多いため、比較的早い段階で慣れていく事は可能です。また、知識・技術面も慣れていく事が必要ですが、もうひとつ気を付けたいポイントは周りのスタッフの方との人間関係です。

あなたの方が周りの多くのスタッフより年上というケースも出てくる事もあり、年齢的にはかなり上でも 立場的には新しく入ってきて知識的にも教えてもらう事が沢山あるという状況の中で、年下なのにと思うことなく、謙虚に学ぶ姿勢を持てるかが大切になってきます。

色んな方がいるため、年下でもあなたに敬語を使わなかったり、ちょっときつい言い方をされるという事もあるかもしれません。そういった時にも、冷静に目の前の仕事を早くしっかりできるようになろうという姿勢が大切です。

そういった謙虚な姿勢は年上の方でできる方が意外に少ないため、きちんと前向きに取り組んでいると逆に好印象で周りの方からも認めて貰いやすくなります。

また、元々は看護師としてしっかりと仕事をしていた経験がある訳ですから、慣れてしまいさえすれば周りのスタッフの仕事を追い抜いてしまう事もできるかもしれません。そういった時にも、謙虚な姿勢でいれば以前以上の立場でしっかり仕事をしていく事ができるはずです。

回復期リハビリテーションの転職事情

回復期リハビリテーションはリハビリ療法士が中心になっている職場だから、看護師の仕事は少ないと思われがちですが、実際は看護師も重要な役割を担っています。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などと連携を取って、チームで医療に取り組んでいくことになります。

回復期の看護を経験したい、じっくり患者さんに寄り添った看護がしたい、残業の少ない職場がいいという人は回復期リハビリテーションがオススメです。

急性期病棟は突然残業が入ったり、救急搬入などの慌ただしさがありません。 計画入院と予定入院が基本なので、家庭や育児と両立させたいお母さん看護師にもピッタリです。

一方で、医療行為に関わる機会が減り、夜間のナースコールが多い傾向にあります。 しかし、患者の急変に対応したり、リハの観察などの大切な仕事があるので、経験を積むことは可能です。

急性期と比べると回復期リハビリテーションのほうが楽だと思われがちですが、急性期にはない苦労もあるので、甘くみてはいけません。

ナースコールが多い理由の1つに、トイレに自力で行くことが困難な患者さんが多いことが挙げられます。

患者さんの中にはリハビリの効果がすぐに現れず、根気よくサポートする必要がありますが、じっくり患者さんと向き合いたいと思っている看護師ならば問題ないでしょう。

回復期リハビリテーションは療法士などのスタッフとの連携が重要になり、カンファレンスや勉強会、業務の分担などを事前に確認したほうがいいでしょう。

業務の内容、待遇など何を重視するかによっても異なってくるので、何を優先させるのかをしっかりまとめてから求人を探すことをオススメします。

回復期リハビリテーションはこれからも需要が増えていくかと思います。 求人もそれに伴って増加することが予想されますが、職場によって環境が異なるので、事前の下調べが重要になってきます。

自力で調べるのも限界がありますし、転職エージェントなどの便利なサービスを利用して、転職に役立てましょう。

訪問看護に転職する時のポイント

訪問介護ステーションは中堅看護師でないと務まらないと思っている人が多いようです。 たしかに、病棟での経験を存分に活かすことができますが、若手の看護師も沢山活躍しています。

訪問介護は年々需要が増加していますが、看護師がまだまだ足りない状態が続いているので、若手だからといって足踏みせずに、チャレンジする価値はあるかと思います。

日勤だけ働いて土日は休みたい、病棟での経験を活かしたい、人と話すのが得意、地域医療や在宅医療に興味があるという人は訪問に向いているでしょう。

スキルアップにもつながりますし、訪問介護の認定資格を取りたい人にもベストな環境です。 給与も高めなので、求人を見ていると魅力的なものが多く出ているかと思います。

デメリットは夜間のオンコールがある為、それが辛くなって退職する人もいるようです。 オンコール体制は職場によって異なるので、事前に確認したほうがいいでしょう。

交替制なのか担当制なのか、平均の訪問件数、配置体制なども一緒にチェックしてみて下さいね。

また、患者さんやその家族の方とのコミュニケーションが重要になってくるのですが、以前担当していた看護師から引き継いだ当初は、あれこれとクレームをつけられることがあります。

厳しいことを言われることもあるのですが、最初は誰しもが未経験なので深く気にしなくてもいいでしょう。 患者さんを思いやって親身に看護していれば、おのずと信頼関係が築けるかと思います。

訪問介護の場合は、パソコンでの事務作業があるので、もしパソコンが得意でないのなら、最初は苦労する可能性があります。 訪問看護は今となってはメジャーな仕事になりましたが、まだまだ現場の情報が少ないのが現状です。

なので、口コミや実際に働いた人の声などが知りたくても入手しずらいでしょう。 そんな時は、転職エージェントに登録して、情報収集するのがオススメです。 ハローワークもうまく活用すると、スムーズかと思います。