ブランクからの復帰で准看護師が注意すべき点とは?

准看護師のブランクからの復帰・復職について

看護師は女性が多く活躍している職種です。そのため、結婚や出産・育児などの理由で退職、休職をする方も多いです。また、そういった方が子育てがひと段落して家庭が軌道に乗ってきた頃に復職をするというケースも看護師の世界ではよくあります。
准看護師に強い求人サイトは?

復帰のタイミングは人それぞれで、数年で復帰する方もいれば、10年単位という方もいます。もちろん ブランクが長い方の方が不利にはなりますが、最初のブランクを埋める期間を超えれば、普通に働く事ができます。

やはり長く現場を離れていると医療業界や看護師の置かれている状況も大きく変わってきます。自分が身に付けていたスキルが時代遅れのものになっている場合もあります。ですが、それも復帰を果たしてしばらくすれば日々の業務で慣れていく事ができます。

少しずつは違うかもしれませんが、根本的な部分では似ているという事も多いため、比較的早い段階で慣れていく事は可能です。また、知識・技術面も慣れていく事が必要ですが、もうひとつ気を付けたいポイントは周りのスタッフの方との人間関係です。

あなたの方が周りの多くのスタッフより年上というケースも出てくる事もあり、年齢的にはかなり上でも 立場的には新しく入ってきて知識的にも教えてもらう事が沢山あるという状況の中で、年下なのにと思うことなく、謙虚に学ぶ姿勢を持てるかが大切になってきます。

色んな方がいるため、年下でもあなたに敬語を使わなかったり、ちょっときつい言い方をされるという事もあるかもしれません。そういった時にも、冷静に目の前の仕事を早くしっかりできるようになろうという姿勢が大切です。

そういった謙虚な姿勢は年上の方でできる方が意外に少ないため、きちんと前向きに取り組んでいると逆に好印象で周りの方からも認めて貰いやすくなります。

また、元々は看護師としてしっかりと仕事をしていた経験がある訳ですから、慣れてしまいさえすれば周りのスタッフの仕事を追い抜いてしまう事もできるかもしれません。そういった時にも、謙虚な姿勢でいれば以前以上の立場でしっかり仕事をしていく事ができるはずです。