イメージ画像

准看護師とは

准看護師

医療や看護の現場で働く看護師は、「看護師」と「准看護師」に分けられます。
病院内で見ただけではどちらなのか区別がつきませんが、この2つはどう違うのでしょうか。


看護師と准看護師

准看護師の定義や業務内容は、「保健師助産師看護師法」に規定されています。

准看護師の他にも、俗に正看護師と呼ばれる看護師についての定めも記載されています。


この法律を要約すると、看護師は「厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示のもと、看護行為を業とする者」を指します。

医師の指示を受けて看護を行う一方で、看護師自身の判断で業務が行える場合もあります。

厚生労働大臣が発行する看護師免許は国家資格です。


一方、准看護師は「都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示で看護行為を業とする者」のことです。

医師や看護師のサポートを行うのが業務であり、都道府県知事が発行する准看護師の免許は国家資格ではありません。


准看護師制度が設けられた経緯

看護行為はもともと看護師のみが行うものでしたが、戦後、看護師が不足してその需要が高まりました。

しかし女性の進学率が低かったため、学習年数を短縮して看護が行える人材を早急に作ろうと、准看護師制度が定められました。


准看護師の資格を取るには

通学と受験が必要

准看護師になるためには、都道府県で実施される「准看護師試験」に合格する必要があります。

この試験には受験資格が設けられており、中学校または高校卒業後に准看護師養成所で2年間学ぶか、看護科のある高校で3年間学ぶことが条件となります。

准看護師制度が設けられた経緯からも分かるように、履修内容は看護師よりも簡略化されています。


また通学は週3日程度でも履修可能なので、働きながら学ぶこともできます。

さらに、看護師よりも履修年数が短いので少ない費用で通うことができます。


受験資格を得たのち准看護師試験に合格すると、晴れて准看護師として働くことができます。

准看護師の免許は自分の住民票がある都道府県知事から発行されますが、一度取得した資格はどの都道府県でも有効になります。


准看護師として働く

准看護師の業務内容

法律では、医師や看護師のサポートを行うのが准看護師の業務と定められていますが、実際の現場ではサポートだけでなく主体的に看護を行うこともあります。

また、准看護師はみずからの判断だけで看護業務はできませんが、医師の指示の下では看護師と准看護師の業務内容にほとんど差はありません。


しかし、大きな病院で役職や階級が存在する場合、看護師よりも准看護師のほうが昇進やキャリアアップでは不利になる傾向があります。


准看護師の年収

看護師の平均年収は約470万円であるのに対し、准看護師の平均年収は約360万円といわれています。

看護師のほうが役職に就きやすく、その手当が加算されやすいことがこの差を生む一因です。


診療報酬の面からも、病院が看護師を雇うと「看護加算」を多く請求できるので、それが看護師に還元していると考えることができます。

准看護師を雇っても看護加算は請求できないので、病院としては看護師を採用する方向になっています。


しかし、資格を取るための学校に看護師よりも短期間で費用を抑えて通学でき、免許取得後は看護師とほぼ同じ業務が行えるので、准看護師のほうが挑戦しやすいと言えます。


まとめ

  • 准看護師は都道府県知事からの免許を受けて、医師や看護師の指示を受けて看護を行う者のこと
  • 准看護師になるためには、学校に通って准看護師試験の受験資格を得る必要がある
  • 医師の指示の下では、看護師と准看護師の業務内容の差はほとんどない
  • 准看護師はキャリアアップや年収面では、看護師よりも劣る傾向がある
  • 通学期間や費用の面で、看護師よりも准看護師のほうが挑戦しやすい

このページの先頭へ